SQLSever

SQLSever2017検証環境の構築~準備編~

こんにちは、kuronecoです。

今回はWindows Server 2016の構築に引き続き、SQL Server 2017の検証環境を構築していきたいと思います。
kuroneco自身もSQLは今回初めて触りますので、若干ワクワクしながらこの記事を書いています。(間違っている等箇所がありましたらご指摘頂けますと幸いです。)

SQLServerとは、Microsoft社が提供しているDB(データベース)ソフトです。データベースソフトを利用することで、膨大な量のデータの容易に管理をすることができます。

インストール要件

SQLSever2017のインストール要件は以下となりますので、インストールの際には注意してください。

CPU intel EM64T対応のXeon/Pentium
またはAMD64対応のOpteron/Athlon64 1.4GHz以上
(2.0GHz以上を推奨)
OS Windows Server 2012、WindowsServer 2012 R2、
Windows 2016
Windows 8、Windows 8.1、Windows 10
ただし、x64(64-bit)版のOSのみがサポートされる
Windows Server 2012 R2とWindows 8.1の場合は、KB2919355の適用が必要
メモリ 1GB(4GB以上を推奨)
ハードディスク インストール時に選択した機能によって変化
(データベースエンジンのみの場合は、約1.5GB)
ソフトウェア ・.NET Framework4.6(事前のインストールは不要)

64BitバージョンのOSが必要となりますのでご注意ください。
※今回は、前回作成したWindows Server 2016にインストールしていきます。

~インストールイメージ入手編~

Windows Server 2016の時と同様にWebブラウザを起動し、Microsoft社のWebサイトから入手します。

  1. WebブラウザーでGoogleを開き、検索窓に以下の文字列を入力します。
    「SQL Server_2017_ダウンロ-ド」
    ※あくまで一例です。その他の検索方法でも表示されます。
    ※文字列の_は半角スペースを示しています。
  2. 文字列を入力したら、「Google検索」をクリックします。
  3. 検索で表示された「SQL Server ダウンロード | マイクロソフト – Microsoft」と書かれたページをクリックします。
  4. 「Developer」の「今すぐダウンロード」をクリックします。
  5. 画面下部に現れるバーの「保存」をクリックします。
  6. ダウンロードが完了したことを確認します。
  7. 保存した場所に、以下の名前のファイルが作成されていることを確認します。
    ・SQLServer2017-SSEI-Dev.exe

まとめ

今回は、SQL Server 2017の検証環境構築の準備編をご紹介して来ました。SQL Serverをインストールする為には、今回ダウンロードして頂いたインストールメディアが必ず必要となりますので保管しておいてください。次回はいよいよインストール編を記事にする予定なので、その時まで保管して頂ければと思います。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

ABOUT ME
kuroneco
kuroneco
はじめまして、kuronecoです。 東京都内で仕事をしている、フリーランスSEです。 業界歴は5年ですが、私の経験を元に皆様のお役に立てるような記事を書いていく予定です。 記事のリクエストや、記事の修正依頼についてはコメントや問い合わせよりご連絡をお願い致します。